挫折した人に伝えたい5つの言葉【あの時の自分への手紙】

休職・復職

どーも、介護歴18年のマサヨシです。

休職と復職をくり返しても、現場で働く45才です。

みなさんの周りにこんな人いませんか。

もしくはみなさん自身が、そうではありませんか?

体調を崩して、休職しました。

人間関係に疲れて、仕事を辞めました。

10年前がそうでした。

もちろん、声をかけてくれる人もいませんでした。

10年間、様々な本を読み、考え、行動してきたが伝えたい言葉です。

あの時の私に書いています。

心が疲れている人へかけてあげたい

5つの言葉です。

よく頑張ったね

まずはお疲れ様

辛かったね。キツかったね。

よく頑張った。

自分を許してあげて

そして、自分を許してあげてね

次に挙げる、4つの考えは、自分を追い詰めるだけの「罠」です。

気をつけてください。

  • 自責
  • 後悔
  • 比較
  • 自信喪失

自責の念

「自分は弱いから休んだんだ。」
「自分は能力が無いんだ。」
「自分は甘えた人間だ。」
「仕事も満足にできない自分はダメだ。」

みたいな感じで

自分責めてるよね。

でも、自分を許してあげて。

絶対に、君は悪くない

周りの人とか、環境とか、タイミング、いろいろな事が、重なり合ったんだよ。

後悔

「なんであの時、あんなことしてしまったんだろう」
「あの時、仕事に行ってれば良かった」
「あのミスさえなければ、もっと・・・。」

きっと後悔してるよね、わかるよ。

こんな言葉がある。

こぼれてしまったミルクを嘆いても仕方がない

アメリカのことわざ

覆水盆に返らず

日本のことわざ

過去は変えられないから、受け入れて、忘れた方がいいよ。

人は選ばなかった選択肢の方が、良く見えるんだから。

他人と比較

「あの人は元気に働いている」
「あの人は精神的にタフで羨ましい」
「あの人は出世している」
「あの人はいつも笑顔で楽しそうだな」

他人と比較しても何にもならないよ。

比べている、あの人も、実は精神的に追い詰められていたり病んだ経験があったりするから。

意外と同じ境遇の人は多いよ。

外からは分からないだけ。

自信喪失

「もうダメだ」
「もう以前の自分には戻れない」
「仕事もうまくできない」
「同僚にも変な目で見られる」

きっと自信がなくなっていると思う。

でも

君は、優秀だからそうなったんだよ。

君は、人よりできるから、一歩先を見れるから大丈夫

周りのことなんか、気にしなくていいよ。

人の噂も七五日っていうし、

他人はすぐ忘れる。他人は案外気にしてない。

自分を信じて。

ゆっくり休んでね

今は、ゆっくり休んでね。

人生には立ち止まって、風の音を感じる時が、必ず必要

仕事を続けているなら、低空飛行でいい。仕事に行ってるだけでイイよ。

自然に触れてみるのもいいかもしれない。木を触ったり鳥の声を聴いたり。

瞑想もオススメだよ

時間が解決するから

時間が解決することってあるから。

5年ぐらいは時間がかかるかもしれない。私は10年かかったよ。

気長に行こうよ。

でも、前の自分に戻るんじゃないよ。違う自分になるんだよ。

少しづづ、少しづつ変わっていくから。

進んで、戻って、上がって、下がって、階段を登るように変わっていくから。

焦らないで。

未来はきっと明るい

必ず、いい未来が待ってるよ。

今は信じられないかもしれないけど。

きっと、今よりも

優しい人間になれる。

強い人間になれる。

そして、今のことを

必ず笑って話せるようになる。(ブログにだって書けるようになる)

まとめ

挫折した人に伝えたい5つの言葉をお伝えしました。

まとめると

  • よく頑張ったね
  • 自分を許してあげてね
  • 休んでね
  • 時間が解決してくれるから
  • 未来はきっと明るい

でした。

今の自分にも、時々言ってあげたい言葉でもあります。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

めざせ100記事。

タイトルとURLをコピーしました