【雑記】どうでもいいこと書きます

雑記

どーも。

介護職18年のマサヨシです。

休職と復職を2回くり返して、今も現場で働く44才です。

毎日現場で働いていて自分なりの理論みたいなのがあります。

あくまで、私の個人的な考えです。

さらに少し汚い話です。

今日は、そんなどうでもいい記事です。

お付き合いください。

その理論とは

「清拭はどんどんきれいになる理論」

略して

「どんどん理論」

ヘンな理論ですね。

説明します。

内容

まず、便汚染してる利用います。

当然、清拭をします。(お尻を布などで拭くコトです)

清拭にべっとりと便が付着します。

困ったなあ。これ。

拭きとるまで時間かかるかなぁ

当然、アセります。

でも

拭いていくと、当たり前ですが、

だんだん清拭に便が付く量が減ってきます。

前の一枚より多く付いていることは、まずありません。

清拭に付く便の量が

半分、3分の一、ほとんど付着しなくなっていきます。

最後にはキレイになります。

普段自分の時もそうですよね(ウォシュレット使ってるから気づきにくいですが)

拭いていけば、必ず道は開けるのです。

ちなみに

介護職18年

今までどれくらいのお尻を拭いてきたのでしょう?

1日20人✖20日✖12か月✖18年で86400回ぐらい。

は、8万回(汗)多いですね。

そんな中で、編み出した理論です(偉そうに言うな)

仕事でも言えます

仕事は、目の前のことを、一つずつやるに限ります。

実際やれることは一つがベストです。

色々やらなければと思わず、目の前の一つの仕事に集中するのです。

そうすれば、視界が開けていきます。

行動に集中する

壁にぶつかったとき、「うわあ」と思わずに、先を見ずに目の前のことをやる

結局、それが近道になるのです。

まとめ

なんか話が脱線しましたが、

清拭はどんどんキレイになる理論

いかがでしたか?

この本の影響かもしれません。

長く読み継がれている名著です。

印象に残っている一文があります

「どんなしんどい仕事も一日ならば我慢できる、その日一日の限りで生きよう」

「道は開ける」より

目の前の行動に集中する大切さを表した良い言葉です。

最後までお付き合いありがとうございました。

めざせ100記事。

タイトルとURLをコピーしました