悩むことは意味がない?【頭の暴走を止める方法】

休職・復職

どーも介護職歴18年のマサヨシです。休職と復職をくり返しても現場で働く45才です。

みなさんは悩んだりしますか?

しますよね、人間なら。

私もよく悩みます。

だいたいの悩みは、過去未来についてです。

なぜ、あの時、あんなことをしてしまったんだろう

このままで、私、幸せになれるのかしら?

でも、悩みすぎると、頭が暴走してしまうことがあります。

私も2回目の休職の時に、暴走してしまいました。

今日は、その強烈な出来事から、悩むことについて書きます。

いつも悩んでばっかりでツラい、悪い考えが、頭を駆け巡って、仕事が手につかない人は

この記事を読んでください。

暴走しないようにする方法も教えます。

頭が暴走する

私は3年前に、ケアマネで挫折して2回目の休職をしました。(詳しくは前の記事に書いています

その日は、朝から私の頭は暴走していました。

2日ほど、寝ていませんでしたし、食事もあまり食べていませんでした。夕方に「もうダメだ。」となって、家族から離れて、実家に帰りました。

それでも、頭の中は

「また休むのか」

「もう職場復帰できないかもしれない」

「家族とは、もう会えないかな」

「今度は入院するのか?」

など、良くない思考

ルグル回っていました。

でも、夕飯を食べたらピタッと思考が止まったのです。

あんなにグルグル回っていた思考が、急に消えてしまったのです。

おそらく、消化のために、脳の血流が、胃に回ったのでしょう。

ただ、1時間ぐらいすると、すぐにまたグルグル回り始めましたが、すごくビックリしたのを、今でも鮮明に覚えています。

頭も身体の一部なんだと実感しました。そして身体の方が強力なんだとも感じました。

2回目の休職の詳しい記事はこちらです。

頭で考えすぎる

私のような危機的な状況でなくても、頭で考え過ぎてしまう時って、ありますよね。

身近なところでは、

夜勤なんか特にそうです。

色々な嫌なことが頭に浮かびますよね。それは、頭が元気だからです。

夜勤のことを考えて、身体もあまり動かさないですしね。

でも、夜勤前に考えていたことなんか、夜勤が始まってしまえば、ほとんど忘れます。

次の朝には、全く覚えていませんよね。

でも、考えすぎを通り越して、暴走すると、「死」が浮かぶことさえあります。

私もありました。

休職中の実家で、ハンガーに、首を入れてしまいました。

すぐ壊れるプラスチックのハンガーだったので、すぐに折れてしまいましたが。

本当に死ぬ気なんてありませんでした。

頭が暴走していて、とにかく逃げたくて、それしか考えられなかったのです。

今では嫁と笑って話しますが、怖いですよね。

最近も、タレントさんの自死のニュースがありますね。

色々、考えてしまいます。

曽我綾子さんの言葉

私が自死のニュースや話題を聞くと、いつも思い出す言葉があります。

それは曽我綾子さんの本の中の言葉です。

私は、いっとき息をつくこと偉大さを、いつでも身にしみて考える。今日、自殺しようと思っている人が、友達の家で暖かく迎えてもらい、「とにかく、お風呂にお入りなさい。」と言われ、御飯をごちそうになって「思い詰めたって、いい考えも浮かばないから、差し当たって今夜はゆっくりお休みなさいよ。」と言われて、その通りにしたために、結果的に死ぬチャンス失った、というようなことはよくある。

「うつを見つめる言葉」曽我綾子

色々な理由があって、自死まで至るのだと思います。

本人の気持ちは誰にも分かりません。

でも、お腹がいっぱいになったり、身体が温まったり、優しい人に出会ったり、ささいなことで踏みとどまるもいるんだなあと思います。

予防策

まず、

本当に辛いときは、お医者さんに行ってください。

誰かを頼ってください。

〇こころの健康相談統一ダイヤル 0570-064-556(おこなおう まもろうよ こころ)

そして、

そこまでひどくない時は、頭より身体に問いかける方がイイです。

普段の生活から、頭が暴走しないように、うまく予防することが大切です。

運動する

単純に身体を使いましょう。運動していると嫌なことも忘れます。有酸素運動がおすすめです。

私はウォーキングをしています。airpodsでオーディオブックを聴きながら歩いています。

自然に触れる

自然に触れると癒されます。木に触ったり、鳥の声を聴くだけでリラックスできます。

どうしても無理な時は、YouTubeなどで、鳥の声や、川のせせらぎの音を聴くだけでも、効果があるそうです。

瞑想する

頭だけで考えている自分を外側から見るのも瞑想の技法の一つです。

実際にうつに効くという研究もあるくらいです。

復職するには、1番効果があったと思っています。

1日5分座るだけでも全然違います。

寝る

疲れているなら寝るに限ります。

7~8時間は睡眠の時間を確保したいですね。

森田療法

色々な本を読みました。

こころの健康の本は50冊以上は読みました。

その中でも「森田療法」の考え方に

共感しました。

悩むことについて書いてあります。

「自己意識」とは、頭で考えることや「~するべき」などの思考を意味する。「自己意識」は「身体」や「自然」と調和しているのが良い状態である。「自己意識」が肥大して「身体」や「自然」と不調和を起こすと、頭でっかちになり、悩んだり、苦しんだりするのである。

「慢性うつ病からの離脱と森田療法」

悩みの原因が書いてあります。

実際の事例が多く書いてありますので、詳しくは本を読んでみてください。

こころに効く言葉

記事の中でも引用した、曽我綾子さんの本も読んでみてください。

各項目に分かれていて

「眠れないとき」「人間関係になやむとき」「生と死を考えるとき」「ほんとうに強くなりたいとき」など、その時の心の状態で効く言葉を選べます。

ツラいときに、必ず支えになる言葉に出会える本です。

まとめ

私の強烈な体験から、悩むことについて書きました。

現代社会は情報が多く頭でっかちになりやすい状況です。

行き過ぎて、暴走してしまうと、死を選んでしまうこともあります。

普段の生活から予防することも大切です。

運動、睡眠、自然に触れる、瞑想習慣にしましょう。

そして、あまり悩まずに生活できたらいいですね。

それでも

悩んだら・・・・

でした。

文字は、奥さんが書きました。

上手です、パチパチパチ。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

めざせ100記事。

タイトルとURLをコピーしました