メンタルの不調は繰り返す【何度でも立ち上がる方法】

休職・復職

どーも介護歴18年のマサヨシです。

休職と復職を、2回繰り返しても現場で働く45才です。

先日、こんなツイートをしました。

体調不良や病気を体験した人は

「もう二度とあんな辛い時間は過ごしたくない」
「もう二度と仕事を休んだりしない」
と思います。
 

そして、

長いトンネルから脱して、休職から仕事に復帰したりして、

元気のでる自己啓発の本を読んだりして、

もうすっかり元気だ。これでもう大丈夫。

もう病気なんか怖くない。

そう思える時があります。

でも

不調の波はまた必ずやってきます。

そして、再び繰り返すことが多いです。悲しいですが・・・。

私も2回休職しました。

でも必ず立ち上がることはできます。その具体的な方法をお伝えします。

結論

何度でも立ち上がる方法の大前提は

「また、なってもいい」と考えましょう。

「もう二度とならない」とは考えないということです。

好不調の波は、誰にだってあります。それをどう受け止めるかです。

開き直るのです、いい意味で諦めるのです。

そんな自分を認めましょう。

そう考えることで、再び不調になっても、焦りません。

なんとか持ち堪えることができます

そして立ち上がることができます。

うつの再発率

一般的にうつ病の再発率は60%と言われています。

うつ病までいかなくても、メンタルの不調で仕事にいけなかったり、休職したりする人は多いと思います。

私も休職しました。2回しました。

やっぱり、繰り返すのです。

その原因は「過去から逃げていた」のです。

2回の休職

私は、10年前3年前に休職しました。最初は、適応障害でした。そして、やはり繰り返しました。2回目は過度の抑うつ症状でした。

2回目の休職の時は「ああ、またなってしまった。」と焦りました。そこから余計に悪化しました。

思えば、1回目の休職の影にずっと脅かされて続けていた気がします。2回目の休職の時、お医者さんに「絵を描いてきてください」と言われました。私は、大きな目に追いかけられる自分を描きました。それは、またなるかもしれない不安の表れだっだのでしょう。

詳しくはこちらの記事を

完全に過去から逃げていました。

過去を受け入れる

過去を受け入れると乗り越えやすく、踏みとどまる助けになります。

受け入れる方法は3つあります。

  • 人に話す
  • 得たものを考える
  • 前に進む

人に話す

隠さず、いろいろな人に話しましょう。最初は抵抗がありますが、話しやすい人から話していきましょう。

ブログやTwitterで発信するのもおすすめです。

得たものを考える

経験から得たものを考えましょう。何か得たものがあるはずです。

私は、2回の休職から「家族」と「前に進む勇気」を得ました。

前に進む

少しづつ前に進みましょう。少しでも興味のあることを始めましょう。全く関係ないことでも構いません。

私は、ブログや筋トレを始めました。

小さなストレスは日常に溢れている

人生においては、ストレスは避けられません。逆にストレス欠如は、不幸にすらなり得ます。

思い出してください。過去にも小さな凹みや不調はあったはずです。

この先も、間違いなくあります。

それが、重なって休職や病気という形で表面化しただけです。

過去にも小さなストレスは乗り越えているのです。

それが重ならないようにすることが大事です。

日常的な方法で解消していきましょう。

日々の生活に以下のものを取り入れましょう。

  • 瞑想
  • 適度な運動
  • 良い睡眠
  • バランスの取れた食事

少しずつ、試していきましょう。

奥さんからのコメント

いいやん、またなっても」という奥さんの言葉が、いつも背中を押してくれます。

久しぶりに奥さんからのコメントです。

私と夫の違いは過去を振り返るか、振り返らないかです。10年前と3年前の休職生活は、本人も辛かったけど、家族も辛かった。でもそれは仕方がない。事故みたいなもんなんだと解釈しています。夫だってわざとした訳じゃないし、防げたかもしれないけど、いずれは起こっていたと思います。
一生のうちに半年や1年、2年なんて本当に少しの時間です。夫も私も、休んだ時間に学んだことは多いと思います。そして、休むたびに、夫が成長しているのを実感します。仮にまた休職するようなことがあっても、また成長すると思います。そして、その学びは次に活かされると信じます。失うものも多かったかもしれないけど、得たものの方が多いと実感します。
1回目と2回目の休職では、覚悟ができていたぶん、私も夫もショックが小さかった。立ち直りも早かった。1回目の休職で得た学びがあるから、ゴールが見えているから頑張れたんだと思います。
だから、今は、「何度休んでもいい」「またなってもいいよ」と心から思います。

この奥さんの言葉

また立ち上がれる自信になっています。

やっぱり周りのサポートが大事です。

おすすめ書籍

サッカー選手がくり返すうつ病を語っています。一流のサッカー選手でもになるんですね。

「決して弱いからなるんじゃなく、強いからこそなるんだ」という言葉に救われました。

何度でもなるということ、治ったと過信することで、再発を呼び込むんだ。ということが書いてあります。

メンタルの不調と闘っている人に読んでほしい一冊です。

まとめ

まとめ2

今回はメンタルの不調は繰り返すという内容の記事でした。

まずは

「また、なってもいい」と考えること。

そして、

「過去を受け入れましょう」

その方法は

  • 人に話す
  • 得たものを考える
  • 前に進む

さらに

日常の小さな凹み

  • 瞑想
  • 適度な運動
  • 良い睡眠
  • バランスの取れた食事

で解消していきましょう。

私自身も、またなるでしょう。

でも立ち上がります。踏みとどまります。必ず。

「また、なってもいいやん」

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

めざせ100記事。

タイトルとURLをコピーしました