瞑想入門【マインドフルに生活する】

瞑想入門瞑想

どーも介護職歴18年のマサヨシです。休職と復職を2回繰り返しても現場で働く45才です。

最近、周りで瞑想のことをよく耳にしませんか?

でも

瞑想ってどうやるの?

なんかスピリチュアルで怖い

そんな風に思う人が多いと思います。

瞑想は1番おすすめの習慣です。

読書や運動、食事習慣などいろいろありますが、

絶対に

瞑想を習慣にしたほうがいいです。

瞑想歴20年の私がお伝えします。(ギュっとしたら10年くらいですが・・・。)

今日からできる瞑想実践法もお伝えします。

瞑想始めてみたい人は最後まで読んでください。

一番のメリット

「やるべきことが明確になる」

個人的にはこれが1番の効用。今日やるべきこと、この先やった方がいいことが明確になる。

なぜなら、他の誰でもない、自分自身がやるべきことを教えてくれるからです。

瞑想とは自分に問いかける作業なんです。真の心の声を聞くことだからです。

「疲れているね、今日はもう休んだ方がいいな」
「もうお酒は飲まないほうがいいな」
「イライラしているね、少し歩こうか」

どうでもいいことに忙殺されそうな時、何かにハマりすぎている時、疲れている時に

心の奥底から自分自身が教えてくれます。

では、一般的なメリットをご紹介します。

瞑想のメリット

メリット

たくさんありますが、代表的なメリットは以下の通りです。

  • 不安にきく
  • ストレス解消
  • ダイエット
  • メンタルの弱さ
  • 依存症
  • 睡眠
  • 集中力アップ
  • 共感力アップ

不安に効く

不安が軽くなります。自分(不安)を見つめることができるからです。不安を一番軽くする方法は、不安を真正面から見つめ、受け入れることだからです。瞑想はその手助けをしてくれます。

「今、自分は不安を感じている」

と気づけば、不安のほとんどを克服したようなものです。

研究では、抗うつ薬同等の効果があることが証明されています。

私が休職から復帰できて、今もなんとか働けているのは瞑想のおかげです。

ストレス解消

一人でゆっくりと座って、呼吸を数えたりすることはリラックスできます。

それだけでストレス解消につながります。

ダイエットに効果的

自分の欲望や気分に気づくことができれば、自分をコントロールすることがうまくなります。そうすれば、ダイエットが成功する確率アップする。

メンタルの向上

精神力が向上します。気分の浮き沈みに対応できて、いざという時に踏ん張る力もつきます。

依存症の克服

ダイエットと同様に、自分をうまくコントロールできるので、タバコなどの依存対象から距離を取れます。私は、これでお酒ギャンブルをやめました。

睡眠

寝る前に瞑想すると、不安がなくなり、よく眠れます。脳がよく休まります。

集中力のアップ

あれこれと考える対象が少なくなります。集中力が格段にアップします。

共感力のアップ

自分ばかりに意識が向いていたものが、少なくなり、他人に意識が向くようになる。そうすれば、共感する力も向上していきます。

本当かなあ?怪しくない?

大丈夫です。研究でもしっかりと証明されています。

もちろん

時間はかかりますが、

「不安」には間違いなくすぐに効果があります。

瞑想のデメリット

ありません。

お金もかからないし、時間が少しかかるくらいです。

じゃあ、試してみる価値はありますよね。

嫌ならやめたらいいんです。

損はありません

効果はすぐに現れます。

どれくらいで効果がある

不安には10分の瞑想1回でも効果があると研究でも証明されています。

8週間続けると効果が実感できる。

でも、

期待せずに続けていくことが大切。

一生ものの習慣です。間違いなく。

瞑想をしている有名人

スティーブジョブズ

ビルゲイツ

稲盛和夫

イチロー

メンタリストDaiGo

その道の成功者はやっているんですね。

瞑想を研修に取り入れている企業

Google

yahoo

Apple

ゴールドマン・サックス

世界の名だたる企業が研修に使っています。

私の瞑想日記

まず、朝に30分、起きてすぐにやります。これで1日が充実します。

夜寝る前に20分やります。これで睡眠の質が向上します。短時間でもよく寝たと実感します。

そして、

日常生活の合間にプチ瞑想をやります。深呼吸を26回、呼吸を数えます。仕事の合間にやると集中力もアップします。

そんなにできないわ。

もちろん、少しずづできるだけでいいのです。

まずは、1日5分から始めましょう。

瞑想とは

パスカルも言っています。

「人の悩みのすべては、一人きりで静かに部屋で座っていられないことから生じる」

ブレーズ・パスカル(Blaise Pascal、1623年6月19日 – 1662年8月19日)は、フランスの哲学者、自然哲学者、物理学者、思想家、数学者、キリスト教神学者、発明家、実業家。

現代は、暇な時間耐えれない人がほとんどです。暇を埋める方法はたくさんあります。

スマホ、SNS、ゲーム、テレビ

それらから距離を置いて

じっと一人で静かに座るだけで、悩みの大半は勝手に消えていくということです。

効果を期待してはいけない

ただ、過度に効果を期待してはいけません。

初心を忘れずに、ただ座るだけが基本

「あ、そういえば、最近不安に思うことが減ってきたなあ」
ぐらいの感じで実感してきます。

マインドフルに生活する

マインドフルネスという言葉を聞いたことがあると思います。

マインドフルネスとは、過去の経験や先入観といった雑念にとらわれることなく、身体の五感に意識を集中させ、「今、瞬間の気持ち」「今ある身体状況」といった現実をあるがままに知覚して受け入れる心を育む練習のこと

© 2020 カオナビ人事用語集 All rights reserved.

結局、マインドフルとは「気づく」ということなんです。(間違っていたら、ブッダさんゴメンなさい)

今に、自分に、不安に気づく。

その気づきを生活に取り入れることが

マインドフルに生活するということです。

実践編

リラックスした姿勢で座りましょう

あぐらでもいいですし、椅子に座っても構いません。

座布団を丸めてお尻の下に敷くと、足が痺れないので効果的です。

最初は、楽な姿勢で構いません。

呼吸に集中します

「吸う」「吐く」に意識を向けます。

10まで数えてもいいですし、「吸う」「吐く」と心の中で言ってもいいです。

まず5分やってみましょう。

慣れてくれば、時間を少しずつ伸ばしてみましょう。

ガイド瞑想

YouTubeにたくさん上がっています。

最初は使うほうがやり易いです。好きな声の人を選びましょう。

おすすめアプリ

時計を見ると意識が乱れます。

アプリをぜひ使いましょう。

たくさんありますが、

ずっと使用しているシンプルなアプリです。

瞑想タイマー
瞑想タイマー
無料
posted withアプリーチ

おすすめ書籍

瞑想のオススメ本です。

まずは初級編。これを読んで始めました。

中級編。メンタリストDaiGoさんもおすすめの本です。8週間トレーニングが秀逸です。

上級編。ヴィパッサナー瞑想のことが理解できます。

まとめ

まとめ2

瞑想についてお伝えしました。

一番のメリットは

「やるべきことが明確になる」

でした。

他にもメリットはたくさんあります。

  • 不安にきく
  • ストレス解消
  • ダイエット
  • メンタルの弱さ
  • 依存症
  • 睡眠
  • 集中力アップ
  • 共感力アップ

デメリットはありません。

すぐに試してみる価値はあります。

まずは

一日、朝でも夜寝る前でも5〜10分間座りましょう。

できるなら、仕事の合間に、呼吸を意識してみましょう。

自分自身に気づきましょう。そしてマインドフルに生活しましょう。

そして、

不安とサヨナラしましょう。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

めざせ100記事。

ブログ村とブログランキングに参加しています。いいなと思ったらポチッと押してください。
ブログ村とブログランキングに参加しています。いいなと思ったらポチッと押してください。
マサヨシ

44才介護職のマサヨシです。
休職と復職をくり返して、同じ施設で今も現場で働いています。
介護福祉士とケアマネージャーの資格を持っています。
18年間、介護の現場で学んだことやメンタル関係のことを
綴っていきたいと思います。

マサヨシをフォローする
瞑想
マサヨシをフォローする
マサヨシのメンタル介護ブログ
タイトルとURLをコピーしました