介護職が看護師と上手に働くたった1つの方法【実際にアンケート取りました】

こんにちは、マサヨシです。

数あるブログの中から、選んでいただいてありがとうございます。

Twitterから来ていただいた方、ありがとうございます。

ブログ村、ブログランキングから来ていただいた方もありがとうございます。

介護の現場で働いていると

看護師とうまく連携して働けない

という悩みが結構あります。

今回は、介護職と看護職のチームワークについての記事です。実際に、現場で働く看護師7人にアンケートを取りました。生の声をもとにお伝えします。

「聞いた人数少な!!」とか思わないでくださいね。

こんな人に読んでほしい。

  • これから看護師さんと働く介護職
  • 今、看護師と働いている介護職
  • 介護職と看護職を束ねる役職者

私マサヨシは、18年間介護老人保健施設(老健)で働いています。老健は密に看護師さんと連携して働く介護施設です。そんな介護職のマサヨシが書いた記事です、少しの間お付き合いください。

目次

アンケート結果

先日、一緒に働いている看護師さんに

「一緒に働きやすいのは、どんな介護職ですか?」

とアンケートしました。

実際に聞いた看護師さんの人数は7人。そのうち男性が3人、女性が4人です。

年齢は、20代2人、30代2人、40代2人、50代1人です。

1番働きやすい介護職の第1位は「話しやすい介護職」でした。

4人の看護師さんが答えました。

第2位は「頼れる介護職」(2人)、3位は「特にいない」(1人)でした。

マサヨシ
マサヨシ

ビックリ!!アンケートする前は、「頼れる介護職」が一番じゃないかと思っていた。

第1位 話しやすい介護職

話しやすい介護職って?

そうでよね。具体的には以下のとおりです。

  • 声をかけやすい
  • 相談しやすい
  • 用事を頼みやすい
  • 雑談できる
  • 年齢が近い

特に女性看護師さんの割合が大きいです。やはり女性はコミュニティを重視するのでしょうか。共感を大事にしているんですね。

第2位 頼れる介護職

頼れる介護職って?

  • 利用者の情報を理解している
  • 周りを見ている
  • 看護の仕事を大まかに理解してくれている
  • 利用者の小さな変化を伝えてくれる

女性でもベテランの看護師さんが思っておられるようです。私の施設(老人保健施設)では、夜勤は看護師さん一人きり。安心できる介護士がいるのといないのとでは大きく違うそうです。

働きにくい介護職

逆に聞いてみました。

「働きにくい介護職って、どんな人ですか?」
結果は以下のとおりです。
  • 暗い人
  • 忙しいオーラ出している人
  • 業務だけをやる人
  • 頼んだことをしてくれない人
  • 先輩の手法だけマネしている人
  • これって決めている頑固な人
  • 口だけの人

黙々と働くのはあまり良いとは言えませんね。暗くて頑固であまり話さない人は、たとえ真面目な人でも誤解されそうです。

気になった答え

アンケートをとっていて、「いい意見だな」「これは素晴らしい」と思った意見です。

「これは介護の仕事、ここまでは看護の仕事って区切らずに、いい意味で侵食してくれる介護職は一緒に働きやすい」
「たまには看護師にも【介護職の人が少ないので、ナースコール取ってくれると助かります】とか言ってくれると嬉しい。頼られているなと感じる。看護師は正直どれくらい人がいなくて、どれくらい大変か、あんまりわからないから。伝えてくれたら、頑張る」

職種の間で分け隔てなく仕事をする方がイイようです。もちろん信頼関係がしっかりとしていることが前提ですけどね。チームワークの大切さがわかる意見でした。

人間関係は大切

仕事をする上で人間関係は大切です。国の調査では、離職の理由の4位が人間関係です。「お金」「待遇」「やりがい」の次です。転職者が直前の勤め先を離職した主な理由 厚生労働省調べ 

人間関係が良ければ、大抵のことは我慢できます。

今回のアンケートをしてみて

私自身、あまり看護師さんと仕事中に話すタイプではありませんでした。今回アンケートを取ることで、看護師さんと自然と話すことができました。その中でいろいろな気づきがありました。「この人意外と真面目」「話しやすい人」「結構しゃべる人やったんやな」と感じました。そして、私のことも少し看護師さんに伝わったと思います。

今後も、コミュニケーションを取る時間を増やしていきたいです。積極的に雑談していくようにします。

具体的な雑談のテクニックはDaiGoさんがYouTubeで優しく教えてくれています。

まとめ

介護職と看護師が上手に働く方法は、ありきたりですが「コミュニケーションをしっかりと取る」でした。そして、介護職と看護師がお互い認め合うことが重要。歩み寄る関係がベストです。コミュニケーションといっても、雑談でも相談でも気遣いでも何でもいいんですね。話しかけることが大切なんだと実感しました。

それは、介護職同士でも言えることではないでしょうか。どんな辛い環境の職場でも、人間関係がまあ良かったら働きつづけることができます。

明日から、明るく話しかけて、楽しく働きたいですね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

めざせ100記事。

ブログ村に参加しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

44才介護職のマサヨシです。
休職と復職をくり返して、同じ施設で今も現場で働いています。
介護福祉士とケアマネージャーの資格を持っています。
18年間、介護の現場で学んだことやメンタル関係のことを
綴っていきたいと思います。

目次
閉じる