笑顔で残業する方法

仕事術

どーも。

介護職18年のマサヨシです。

休職と復職を2回繰り返して、今も現場で働く44才です。

皆さん残業してますか?

私は、ほとんどしてません。

基本すぐ帰ります。

今回は「笑顔で残業する方法」について書きたいと思います。

笑顔で残業する方法

ズバリ答えは

「終了時間を決めて集中してやる」です。

残業、仕事術のいろいろな本も読みました。

18年間の経験から導いた方法です。

でも本当は

「残業はしない」

それが一番笑顔になる方法です。

介護現場の残業はどうなの

介護職員全体での1ヶ月の時間外労働は、

正規職員で10.2時間、非正規職員で5.3時間だそうです。

プラス、サービス残業が横行しているそうです。

みなさんは、どれぐらい残業してますか?

月に

20時間くらいですか?

30時間くらいですか?

サービス残業なんかしていないですか?

私は1時間くらいです。ない月もあります。

残務と残業

現場はいつも大変です。

その日の業務が終わらなくて残るのは仕方がありません。

事故報告書を書いたり、欠勤がでて業務が終わらなかったりします。

でも、それは残務です。

私が言う残業とは、

月々の担当業務や、委員会の仕事など、あらかじめ決められた仕事のことです。

早く帰りたいから

なぜ残業をしないのか。

それはズバリ

家に早く帰りたいからです。

私が日々の生活で、大事にしていることは、

家族」そして「健康」です。

仕事」ではありません。「お金」でもありません。

そもそも

そもそも、私は、現場のぺーぺーなので、そこまで仕事がありません。

日々の業務以外の仕事とといえば

担当利用者の体重管理やケアプラン作成(年に一回くらい)、物品の管理など

まあ、時間に換算して月に5時間あるかないかぐらいです。

ウィンウィンの関係

残業をしないということは

職員施設もお互いをします。ウィンウィンです。

これがすごく大事な視点です。

職員は、当然、定時に帰りたいですよね。

(嫁とけんかして帰りたくないこともありますが)

帰りたくない人はワーカホリック(仕事中毒)の気があるので注意が必要です。

そして、

施設も、割高な残業代を払いたくないので、必要なことを終わらせたら

とっとと定時に帰って欲しいのです。

特に、役職者は、職員に残業を多くさせると報告書を書かされています。

定時に帰れば、職員も施設も笑顔なのです。

いつやるの?

では、残業(受け持ちの仕事)は業務後にやるだけなのでしょうか?

違います。(ただし、お金にはなりません)

勤務時間前にやってしまう

早く来て、勤務時間に終わらせる。

そうすると、気持ちが楽です。勤務が終わったら、17時になったら帰れるのです。

モチベーションが違います。

それに

仕事前、「今日、あの仕事やらなアカンなあ」と思って

家で過ごす30分

定時に帰って、仕事のことなんか、1ミリも考えないで過ごす30分

どっちがいいでしょうか。

大変ですが、早めに家を出るのです。

休憩時間にやる

あまり良くないかもしれませんが、ご飯後の30分です。

残ってやるよりは、こっちを選択したほうがベターです。

休憩時間後、業務のモチベーションが違います。

繰り返しますが、

「業務終わったら、速攻帰れる。」

「帰ったら、あれやって、これやって。」

モチベーションが確実に違います。

隙間時間でやる

これは利用者対応などの、不確定要素が絡んでくるので、確実ではないですが

待機時間や、業務の合間でやるのです。

夜勤中なんかはやり易いですよね。

でも、利用者の対応が雑になったり、集中できなかったり

デメリットもあるので注意が必要です。

でも仕事を効率よくできるようになるメリットはあります。

それでも無理なら残業

ここでやっと残業です。

しかし、最後の手段です。

リーサルウェポンです。メガンテです。ラスボスです。

滅多にやりません。

でもやるからには、腹をくくって、笑顔でやります。

それには

「終了時間を意識してやる」です。

ダラダラしゃべりながらなど厳禁です。

「18時には絶対に帰る」と決めて、集中してやる。

どこでやる?

残業をやる場所も結構重要です。

できれば、休憩室や事務所などでやります。

なるべく、職員にも利用者にも話しかけられにくいところがいい。

利用者が来て

「職員さん、目薬してくれない?」

「家族呼んでくれない?」

笑顔スルーです。

残業代は?

私の施設では一時間2000円ほどです。

結構、大きいです。

下手なバイトより割はいいです。

でも、施設にとっては高コストです。

私はしません。(嫁はして欲しそうですが・・・。)

お小遣い稼ぎで、やる職員は結構います。

でも、役職や施設は見抜いています。バレています。

良い評価はされていません。

同じ仕事量でも、早く帰ってる職員がいるのです。

それでも終わらないのは、ただの仕事遅い職員か、こズルい職員です。

上の人たちは、わかってますって。

それでもやりますか?

役職の残業

これは仕方ないと思う

彼らはたくさんの仕事を抱えている。本当に大変です。

特に職員の話を聞くのは大事。時間がかかります。

でも、それが役職の一番大事な仕事。

これができない人は、役職にならないほうがいい。

それでも体を壊したら意味ないですが(私も病みました)

自分で作り出す仕事

与えられた仕事ではなく、自ら進んでやる仕事は別です。

これは受け身じゃないし、やってて楽しいですね。

クリエイティブで、おそらく施設にとっても良い影響があるでしょう。

でも、私は現場でそういう仕事が、ほぼないのが悲しいところです。

最後に

早く帰って好きなことをして、明日の仕事に備えましょう。

「明日やろうは、バカやろう」

「明日やれることは、明日やろう」

誰の言葉か忘れましたが、私は後者のほうが好きです。

早く帰って、家族と過ごしましょう。早く寝ましょう。

別でお金を稼ぎたいなら

昇進しましょう、節約しましょう、副業しましょう

そのほうが健全です。

残業は不健全です。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

ブログ開設にあたって、たくさんのアドバイスをいただいたブロガーの方です。

内容も濃くて、読み応えのあるブログです。ぜひ見てください。

介護職員Aのひとりごと

介護職員Aのひとりごと
リアル現場を見つめる介護福祉士ブロガー

めざせ、100記事。

タイトルとURLをコピーしました